食農学科 [亀岡]

畑から胃袋まで。食と農のゼネラリストへ。

economics02

暮らしの原点となる「食」と「農」の
専門領域を実践的に学ぼう。

亀岡は、京野菜など豊富な農産物を生産する「京の食料庫」。食農学科ではその地の利を活かし、地元の農家や産業界と連携した実践的な学習機会を通じて、農業や食品加工業の実際を体感しながら学べます。作物栽培などの実習は学内の実習圃場だけでなく、京都大学の付属農場などの協力校でも幅広く行っています。1学年80名で教員と学生の距離が近く、きめ細かい指導も大きな特色です。学習意欲が旺盛な松本さんのように積極的に学んでください。この農にあふれる環境で、豊かな暮らしに欠かせない食と農をつなげるゼネラリストをめざしてほしいと思います。

バイオ環境学部 食農学科 藤井 康代教授

刺激的な授業で視野を広げています。
食品開発センターでの実習も楽しみです。

おいしい食べ物をこの手でつくりたい。そんな思いから食農学科へ進みました。「作物栽培実習」で野菜を種子から育てたり、食物の栄養素や微生物・病原菌のことを学んだり、理論と実践の両面から食と農への理解を深めています。藤井先生の授業では必ず質問の時間があり、一人ひとりが納得するまで丁寧に教えてくださるのが印象的。今後予定されている食品開発センターでの実習や実験も今から本当に楽しみです。将来、食品の開発・加工に関する仕事に就けるよう、4年間で必要となる力をしっかりと身につけたいです。

バイオ環境学部 食農学科 2回生
松本 悠さん 愛知県・名古屋女子大学高等学校出身

学科の特色

  1. 農を起点としたモノづくりから販売までの流れを総合的に学びます。
  2. 「新種苗開発センター」や「食品開発センター」を学内に開設しました。
  3. 「地域のラボ」として京都丹波や亀岡の産業界と連携したプロジェクトに挑戦します。
  4. 4回生から研究室に所属し、食と農の先進的な研究に取り組みます。

こんな人におすすめ

  • 農業に関わる仕事がしたい
  • 食の分野でのものづくりがしたい
  • 幅広い視野で「食」と「農」をとらえたい

選べる2コース4研究室

食資源コース

農業の可能性を
さらに広げるために。
農業生産学研究室

この研究室では、環境に配慮した農業生産技術を開発し、安全で安定的な食糧供給の実現をめざします。組織培養技術を利用した作物の改良や増産、地域の特長を活かした特産品の創出などで、地域の農業に貢献。例えば、「新種苗開発センター」では、真冬でも暖房なしで栽培できる、環境にやさしい新種のトマトの開発に取り組んでいます。

農地環境研究室

農地環境の改善や環境に調和した農業の実現には、未利用資源の利活用や民間農業技術の科学的解明がカギとなります。この研究室では、竹粉や米のとぎ汁発酵液の農業利用について研究し、亀岡市や他大学とともに、大気中の二酸化炭素削減のために竹炭を施用した畑で栽培した野菜、「クルベジ」による地域活性化に取り組んでいます。

食品開発コース

科学と技術で
農産物加工の未来を拓く。
食品加工学研究室

安全で付加価値の高い食品を安定して生産するためには、高度な加工・製造技術が必要です。この研究室では、キャンパス内にある食品開発センターで、高ポリフェノール含有ブドウやアラータイモの加工食品としての用途開発を行うなど、実際に農産物を加工しながら、加工・製造技術や食品分析技術の開発に取り組みます。

発酵醸造学研究室

お酒や味噌、醤油、ヨーグルトなど、現代人にとっても伝統的な発酵食品は身近で欠かせないもの。この研究室では、京都丹波の発酵・醸造企業群と連携しながら、発酵醸造物の分析や醸造微生物の解析と、それらを通じた製品の開発改良に取り組みます。食品開発センターでは、地域の農産物を使った麹甘酒、ワイン、ビールなどの開発に挑戦しています。

進路イメージ

  • 農業に関する専門知識と技術を生かし、農業経営者や農業協同組合(JA)の職員などに。
  • 食の分野でのものづくりの経験を生かし、食品関連企業の営業部門や研究部門などに。
  • 大学院に進学してさらに専門性の高い研究を行い、食品関連企業の研究部門などに。

授業Pick up

京野菜栽培加工実習
バイオ環境学部 食農学科 大城 閑特任教授

自分で育てた野菜を自分で収穫して食べる。
「食」と「農」の原点を体験できます。

この実習はまだまだ暑い9月下旬から始まります。一人で長さ約3mの畝を担当して、京都の伝統野菜を中心に種をまきます。発芽してある程度に育つまでは特に水やりが大変で、作物を育てることの大変さをまず実感するかもしれません。しかし弱々しかった芽がぐんぐん育ち始めると、そこに生命力の強さを感じることができます。立派に育った野菜は調理して食べ、その中でも聖護院カブを使った千枚漬け作りが一大イベントです。漬物店のように本格的な作り方でなくても、自分たちで種子から育てたカブで作った漬け物の味は格別です。

講義シリーズ「亀岡学」

食農学科では、地域のキーパーソンをお招きして、「地域を知る」「農業を知る」「食品製造業を知る」「流通を知る」「地域おこしを知る」を学ぶ、講義シリーズ「亀岡学」を2回生を対象に開講しています。

Topics

「新種苗開発センター」で野菜の新品種を開発。

京都亀岡キャンパスにある「新種苗開発センター」は、「食品開発センター」と同じく、食農学科が新設された2015年にオープンした研究と実践の拠点です。農業生産学の研究成果を生かして、野菜などの新品種の開発や、それらの苗の生産を行っており、環境にやさしい新種のトマトや、地域の新たな特産品となるイモ、葉物野菜などの開発に取り組んでいます。 地域の農家にもその成果を還元しており、現在、約100軒の農家が加入している地元・亀岡の農業団体などと協力関係にあります。

大学ブランド純米酒「大槻並」プロジェクト

地元集落の休耕田などで学生が栽培した酒造米「山田錦」を使い、地元酒造メーカーの協力を得て、仕込みや搾り、ラベルデザインを学生が手がけた純米酒「大槻並」が誕生。毎年、市販されています。

資格・就職

取得できる資格 *国家資格

  • 高等学校教諭一種免許状(農業)
  • 食品衛生管理者*
  • 食品衛生監視員*
  • 博物館学芸員*

目標とする資格

  • 日本農業技術検定
  • 食の検定・食農2級
  • フードアナリスト
  • 日本茶インストラクター

卒業後の進路

  • 農業経営者
  • 農業生産法人
  • 食品製造業
  • 外食関連企業
  • 食品産業での起業
  • 農業協同組合(JA)
  • 教員(高等学校教諭「農業」)
  • 公務員
  • 大学院進学など

Newsお知らせ

食農学科の教育目的

環境に配慮し、地域の特長を生かした農産物の生産や安全な食品の加工技術の習得を教育目的とする。学生は農産物の栽培育種、食品加工、発酵・醸造、食品の栄養価や安全性をバイオの知識と共に講義や実習を通じて学び、地域の活性化に貢献できる食と農のゼネラリストを目指す。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

  1. 教養教育、キャリア教育及び食農学科の教育の学修を通じ、様々な事象に対して幅広い視野で的確な判断を下し、主体的に考え、社会的に自立した行動をとることができる。
  2. 食農学科の専門的知見を背景としながら、農業や食品の加工・製造といった分野を通じて、地域社会の発展に積極的に参画することができる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. 21世紀市民としての幅広い教養を修得させるとともに、バイオサイエンス、生態学、環境学の基礎知識と、農業や食品の加工・製造についての専門知識を修得させ、広い視野と精緻な観察力を有する人材を育成する。
  2. 農業及び食品加工・製造についての専門知識を、付属センターでの事業ないし卒業研究を通じて実践的に運用させることで、経営力、企画力、問題解決力を備えた農業経営者、食品関連起業者、農業教育者を育成する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

  1. これからの地域と日本を支える食と農に興味を持ち、科学的なアプローチと方法論でこれらに携わりたい人
  2. 食と農を通じて地域の活性化や日本の農業の活性化に貢献したい人。
  3. 食と農のアドバイザーや食農教育従事者として活躍したい人

トップページ > 学部・学科 > バイオ環境学部 > 食農学科 [亀岡]

入試に関するお問い合わせ

入学センター

Mail nyushi@kyotogakuen.ac.jp

Tel (0771)29-2222

ページトップへ

  • YouTube
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE