学士課程教育における方針

教育目的

学園の建学の精神を踏まえて、教育基本法及び学校教育法に基づき、広く知識を授けると共に深く専門の学芸を教授研究し、世界的視野で主体的に考え行動する人材を育成することを目的とする。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

旺盛な向学心を持ち、かつ次のような学生を求める。

  1. 本学の教育目的と各学部・各学科の教育目的を理解している。
  2. 文化・社会・自然、そして健康の事象に関心を持っている。
  3. 知的好奇心に富み、幅広い教養と高い専門性の修得を目指している。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

本学の教育目的を達成するために、次の方針に沿って教育課程を編成する。

  1. 社会人として必要となる基礎力を育成する。
  2. 幅広い知識を修得し、多角的に真理を探究する力を育成する。
  3. 専門的な知識や技能を高め、自己の学修方法を主体的に構築し、問題解決に活用する力を育成する。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

所定の単位を修めた次のような学生に卒業を認定し、学位を授与する。

  1. 社会人として自立し、生涯にわたって主体的に考え、行動することができる。
  2. 文化の多様性を理解し、幅広い視野で的確に判断することができる。
  3. 自然や生命、健康を理解しながら、社会生活の向上と発展を積極的に担うことができる。
資料請求はこちら

各学部・学科の入学者受入れ方針(アドミッション・ポリシー)

経済経営学部

旺盛な向学心を持ち、かつ次のような資質を有する学生を求める。

  1. 経済学経営学の知識の修得という本学部の教育目的を理解している。
  2. 現代社会の変化に伴って生じる諸問題に関心を持っている。
  3. 多面的に物事を観察し、経済学経営学分野の専門的な知識に基づいて考察する能力の修得を目指している。
経済学科

旺盛な知的好奇心を持ち、かつ次のような資質を有する学生を求める。

  1. 経済学の知識の修得と活用という本学科の教育目的を理解している。
  2. 社会経済の動向に興味と関心を持っている。
  3. 経済学の幅広い基礎学力に基づいて多面的に経済社会を考察する能力の修得を目指している。
経営学科

旺盛な向学心を持ち、かつ次のような資質を有する学生を求める。

  1. 経営学の知識の修得と実践という本学科の教育目的を理解している。
  2. 現代の企業活動や店舗経営、企業の財務や経理、事業承継などに関心を持ている。
  3. 多面的に物事を観察し、経営学分野の専門的な知識とショップ運営などの経験に基づいて考察する能力の修得を目指している。

健康医療学部

旺盛な向学心を持ち、次のような資質を有する学生を求める。

  1. 健康医療学部の教育研究目的である「人々の健康生活の実現と健康寿命の延伸に寄与する」の理念を理解している。
  2. 将来、人々の健康生活の実現に貢献できる仕事に就きたいと考えている。
  3. 健康医療分野に関心を持っており、これらに関する幅広い知識や技術の修得を希望している。
看護学科
  1. 人間の心身の健康に興味・関心があり、他者を思いやる心を持っている。
  2. 看護の分野に関心があり、将来、看護職として働く意欲を持っている。
  3. 明るく前向きで、誠実な姿勢で看護に必要な知識・技術の修得を目指している。
言語聴覚学科
  1. 様々な人の心情を理解し、信頼関係を築こうとする気持ちを持っている。
  2. リハビリテーションの分野や言語聴覚士の仕事への関心を持っている。
  3. 人の身体・精神・行動の仕組みを科学的に学びたいと考えている。
健康スポーツ学科
  1. 自らの健康だけでなく他者の健康に配慮する姿勢を持ち、障がい者をはじめ、あらゆる人々に対して利他的な精神で貢献したいと思っている。
  2. 保健医療や身体運動、ヘルスプロモーションを通して人々の健康生活を支える職業に関心を持っている。
  3. 体と心の健康に加えて社会の動きにも関心を持ち、理論と実践を通して幅広い分野の知識・技術の修得を目指している。

人文学部

旺盛な好奇心を持ち、次のような資質を有する学生を求める。

  1. 人文学部の教育目的を理解している。
  2. 人間の心理あるいは人間そのもの、また歴史と文化に関心をもっている。
  3. 勉学に対する意欲とコミュニケーション能力をもっている。
歴史文化学科
  1. 日本史及びその周辺領域である地理・民俗・文学・言語などの文化に興味を抱いている人。
  2. 各分野への知的探求に意欲をもって取り組める人。
心理学科
  1. 人間の心や行動、コミュニケーションに興味を持っている人。
  2. 対人援助に興味をもっている人。

バイオ環境学部

旺盛な向学心を持ち、次のような資質を有する学生を求める。

  1. バイオ環境学部の研究教育目的である「人とともに多様な生き物が共生できる環境の実現」の理念を理解している。
  2. 将来、生命、環境や食・農といった分野に関わる仕事に就きたいと考えている。
  3. 生命、環境や食・農といった分野に関心を持っており、これらに関する幅広い知識や技術の修得を目指している。
食農学科
  1. これからの地域と日本を支える食と農に興味を持ち、科学的なアプローチと方法論でこれらに携わりたい人。
  2. 食と農を通じて地域の活性化や日本の農業の活性化に貢献したい人。
  3. 食と農のアドバイザーや食農教育従事者として活躍したい人。
バイオ環境デザイン学科
  1. 自然の成り立ちに興味があり、持続可能な地域環境を実現する「バイオ環境」をデザインする技術を学びたい人。
  2. ランドスケープデザイナーやエコ技術者を目指し、地域環境の保全や再生、環境教育に携わりたい人。
バイオサイエンス学科
  1. 生物を科学の目で観察し、 実験的に解析し、 安全・安心・満足の3つの要素に関わるバイオ技術やそれを応用する産業に携わりたい人。
  2. 地球環境に配慮するグリーンバイオ技術者を目指し、環境に調和したモノ作りや環境改善技術などに携わりたい人。

資料請求

資料請求はこちら

【電話・FAXでのご請求は】

TEL.0771-29-2222 電話受付時間
[平日]9:00~17:00
[土曜]9:00~12:00
FAX.0771-29-2269 FAXは24時間受付 必ず郵便番号、住所、氏名、電話番号、高校名、学年、希望学部(学科)を明記のうえ、ご請求ください。

トップページ > 入試情報 > 学士課程教育における方針

入試に関するお問い合わせ

入学センター

Mail nyushi@kyotogakuen.ac.jp

Tel (0771)29-2222

ページトップへ

  • YouTube
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE