京都学園大学

京都学園大学

Department健康スポーツ学科

健康スポーツ学科 [亀岡]

更新日:2016年7月6日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツの知識とスキルを活かして働くプロになる。

economics02

人と地域に貢献する
スポーツの魅力を実感。

満石先生の「体つくり運動」の授業では、縄跳びやボールなどを使い、運動が苦手な人でも楽しみながら運動能力を高めていける方法を学んでいます。将来は高校の保健体育科教員になりたいと思っているので、スポーツの楽しさや技術を学べる授業に毎回わくわくしています。1回生の夏には、海洋実習でさまざまなマリンスポーツに挑戦。カヤックやヨットなどの団体競技を通じて、スポーツにおけるチームワークの大切さを実感しました。苦手だった水泳も克服でき、自分自身の成長を感じられる貴重な経験になりました。

健康医療学部 健康スポーツ学科 2回生 安田 和美さん
 京都市立塔南高等学校出身

運動、健康、福祉、医療の分野で
活躍できる力を実践的に磨く。

本学科では、医学・医療の分野を基礎として健康とスポーツに関する知識を体系的に学ぶことができます。また、企業や学校、スポーツジムなどで仕事を体験するインターンシップや、スポーツに関わる地域活動の機会が充実していることも大きな特長です。安田さんのように保健体育科教員になることをめざしている人も多く、学業と部活動、地域でのボランティア活動を両立している学生もたくさんいます。多様な経験を通して、運動・健康・福祉・医療の幅広い分野で活躍できる力を磨いてほしいと思っています。

健康医療学部 健康スポーツ学科 満石 寿講師

学科の特色

  1. 健康とスポーツに関する知識を、医学・医療を基礎にして体系的に修得します。
  2. 将来の目標に応じて選べる3コースの履修モデルを用意。
  3. 多彩なスポーツ設備を利用し、健康支援の実践力を養います。
  4. スポーツ、健康、福祉、医療の分野への就職に役立つ資格の取得が可能です。

こんな人におすすめ・選べる3コース

スポーツに関わる仕事をしたい

健康スポーツ科学コース

▼得られる知識・能力

  • 人の発達や加齢の仕組みを科学的に理解できる。
  • 病気の予防などさまざまな分野に身体運動を活用できる。
進路イメージ

健康・医療科学の専門知識と技能を生かし、医療機関やフィットネス施設の職員に。

中学校や高校の保健体育科教員になりたい

健康スポーツ教育コース

▼得られる知識・能力

  • 中学校・高校の保健体育の授業を担当でき、スポーツ・レクリエーションの指導ができる。
  • スポーツを通して障がいを持つ人への支援ができる。
進路イメージ

保健体育科教員や障がい者スポーツ指導員として、教育やスポーツ指導の現場で活躍。

高齢者の健康を支えることに貢献したい

健康スポーツマネジメントコース

▼得られる知識・能力

  • マネジメントの視点からスポーツを分析できる。
  • スポーツをビジネスにするための発想力・企画力が身につく。
進路イメージ

幅広い世代の人たちの健康づくりやスポーツビジネスに関わる企業・自治体などに就職。

授業Pick up

健康スポーツトレーニング実習
健康医療学部 健康スポーツ学科 井口 順太講師

トレーニング方法や測定方法について、
最新の理論を学びます。

競技者のパフォーマンスを高めるためのトレーニング方法や、身体をさまざまな角度から分析する測定方法について、講義と実習を通して幅広く学びます。講義では、トレーニング方法や測定方法に関する最新の理論やバックグラウンドを知ることができます。実習では、最新のトレーニング機器を揃えたトレーニングルームで、実際に身体を動かしながら学びます。例えばウェイトトレーニングの方法に関する実習では、全員でDVDを見た後に専門資格を持つ教員が一人ひとりにアドバイスし、正しいトレーニング方法を学習することができます。

Topics

広大なキャンパスに、豊富な実験室とスポーツ施設。

京都亀岡キャンパスでは、甲子園球場約5.5個分の敷地に、身体運動科学の実験室とスポーツ施設が豊富に設けられています。バイオメカニクス実験室では、運動中の動作のメカニズムなどを調べることが可能。運動生理学実験室には、骨密度、呼吸代謝、運動負荷などを測定できる装置を用意しています。また、スポーツ施設としては、トレーニングルームや全面人工芝のグラウンド、電光掲示板・観客席を備え硬式野球部の京滋リーグの公式戦にも使用される野球場などがあります。競技者としてもスポーツを思う存分楽しみながら、健康・スポーツに関わる仕事に就くために専門的に学んでいける環境です。

スポーツの楽しさを伝える保健体育科教員をめざす。

学科内のコースの1つに、保健体育科教員や障がい者スポーツ指導員などをめざす人向けの「健康スポーツ教育コース」があります。教職などの資格を取得するために必要な科目を計画的に履修できるのはもちろん、中学校や高校に通う生徒たちや、初めてスポーツに参加する障がい者の方にスポーツの楽しさを伝えるために役立つ知識と技能を学ぶことができます。

資格・就職

取得できる資格

  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 小学校教諭一種免許状◎

◎小学校の教員免許を取得する人には、他大学との協定による通信教育プログラムが用意されています。
ただし、この履修は中学校の教員免許を取得する人に限られます。

目標とする資格

  • 健康運動指導士
  • 健康運動実践指導者
  • 障がい者スポーツ指導員 CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
  • 日本フィットネス協会認定インストラクター
  • 日本体育協会公認スポーツ指導者
  • レクリエーション・インストラクター

卒業後の進路

  • スポーツ関連企業(用品メーカー、用品販売会社、フィットネスクラブなど)
  • スポーツ関連団体(各種競技連盟、トレーナー養成団体など)
  • ヘルスケア関連企業(健康機器メーカー、健康食品メーカーなど)
  • 社会福祉施設
  • 中学校教諭(保健体育)
  • 高等学校教諭(保健体育)
  • 公務員(地方自治体職員、警察官、消防士など)
    など

Newsお知らせ

健康スポーツ学科の教育目的

健康医学・健康科学・身体運動科学・スポーツ社会学といった幅広い分野を融合させた学際的な教育研究によって、保健医療の知識と身体運動に関わる実践的スキルを修得し、教育・医療・保健・福祉、そして健康産業において、人々の健康の維持・増進に貢献する職業人の育成を目指す。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

  1. 保健医療と健康に関する幅広い知識・技術と実践力に基づき、人々の生涯にわたる健康的な生活の維持・向上に貢献できる。
  2. 常に健康への興味関心を持ち続け、何事にも自らチャレンジし、仲間とともに己を向上させようと努力できる。
  3. 自身が心身ともに明るく活発で健康であり、修得した成果を社会に還元しようとする姿勢を備えている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. 健康医療分野の職業人として必要な幅広い教養を修得させるとともに、保健医療や身体運動、ヘルスプロモーションに関わる多様な分野を体系的に学修させる。
  2. 専門的な知識をもとに身体運動やその支援を実践する機会を豊富に用意し、人々の健康的な生活を支援する力と、豊かな発想によって新たな可能性を開く力を育成する。
  3. 人の生涯の健康問題を俯瞰し、健康生活の実現と健康寿命の延伸に向けて、自らも健康で活動的なライフスタイルを体現できる人材を育成する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

  1. 自らの健康だけでなく他者の健康に配慮する姿勢を持ち、障がい者をはじめ、あらゆる人々に対して利他的な精神で貢献したいと思っている。
  2. 保健医療や身体運動、ヘルスプロモーションを通して人々の健康生活を支える職業に関心を持っている。
  3. 体と心の健康に加えて社会の動きにも関心を持ち、理論と実践を通して幅広い分野の知識・技術の修得を目指している。