京都学園大学

京都学園大学

平成27年度

更新日:2015年10月15日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

GIP事前研修

GIP実習の為の事前学習として、事前研修を行いました。

オリエンテーション

GIPのプログラムの説明や手続きを行いました。

事前授業

GIP実施にあたり、現地の生活やインターンシップ実習に必要な講義を行いました。

事前語学研修

中国語の基礎的な学習を行いました。実習前の学力の測定として、今年度はHSK検定の過去問を実施いたしました。

 

GIP事前研修

事前語学研修にて、中国語を勉強する学生

 

GIP事前研修

 南通大学の留学生と昼食会を行い、現地での生活をイメージを膨らませることができました。

 

GIP学生が中国へ出発しました!

GIP学生が中国へ出発しました!

左から山村郁太君(経済学部)、瀬古英賢君(法学部)、尾谷大策君(経済学部)、可知穂香さん(法学部)

 

平成27年度GIP(グローバル・インターンシップ・プログラム)に挑戦する、山村君、尾谷君、可知さん、瀬古君が3/5(木)に中国へ出発しました。
今年度のGIPの実習期間は昨年度よりも1ヶ月長く、約6ヶ月間の実習プログラムになります。
GIP学生は、昨年の12月末から数回の事前研修やオリエンテーションを経て、中国での実習の準備をしっかりと行ってきました。
事前研修では中国語の勉強をしたり、中国経済や国際関係について学習をしました。
中国の南通・上海という地で、様々な考え方を持つ人と沢山関わり、良い刺激を受けてきて下さい。皆さんの成長を楽しみにしております!

(2015.3.6 教育開発センター)

GIP3月の様子をお伝え致します

南通大学での生活がスタート

平成27年3月5日から南通での生活が始まり、約2週間が経ちました。学生4人にとって初めての中国生活ですので、日本との文化の違いや言葉の壁に戸惑う姿がみられました。最初は大学の学食のメニューを注文することも難しい状況でしたが、なんとか工夫をして注文が出来るようになってきました。中国語での授業についていくために、分からないところは質問したり、学生同士教え合う等して協力して乗り越えようという姿勢がみられます。「もっと中国語で現地の人と話せるようになりたい」「色々なことを吸収し身に付けたい」と学生は向上心に溢れています。

(2015.3.19 教育開発センター)

南通大学でのGIP学生の入学式。

南通大学でのGIP学生の入学式。


南通大学校舎内にて。

南通大学校舎内にて。


学食にて。好みの料理を注文することができました!

学食にて。好みの料理を注文することができました!


体育の授業の中で「太極拳」に取り組む学生たち

体育の授業の中で「太極拳」に取り組む学生たち。太極拳は中国人にとって身近な文化です。

 

5月 実習の様子

GIPの南通での実習が始まり、約2ヶ月半が経ちました。
最近では、他大学からの留学生や、現地で働いている社会人等との交流が盛んになり、中国語で会話をすることにも慣れてきたようです。

5月12日には南通大学が主催する「中国語スピーチコンテスト」が開催されました。日本、南アジア、アフリカから南通大学へ留学している学生のうち、19名がエントリーしました。本学からは可知穂香さんと山村郁太さんが参加しました。
2人とも本格的に中国語を学習し始めてまだ3ヶ月ほどであるにもかかわらず、300人近い聴衆を前にして堂々とスピーチを行い、大きな拍手を受けました!

 

Nangton_class

授業を受ける学生

 

~スピーチコンテストの様子~

6月 研修旅行へ行きました

南通大学での授業も無事終わり、中国語の基礎を身に付けた学生達。

研修旅行は蘇州へ行きました。

蘇州の古い町並みや建築物を見ることにより歴史や文化を感じることが出来ました。中国に進出している日系企業へ視察をし、日本との違いについて考えました。

 

7月の様子をお伝えします

学生は上海で、中国進出日系企業・法人にてインターンシップ実習に熱心に取り組んでいます。

月曜から金曜まで社会人と同じように出勤します。通勤は地下鉄を利用し毎日約7時間半の実習を行います。帰宅後は自炊をしたり学生同士食べに出かける等して中国のサラリーマンのような生活を送っています。

インターンシップ実習を通じて日本と中国の仕事の進め方の違いや、中国ならではのビジネスを体感しています。「毎日が新しい事の連続で、学ぶことが沢山ある。」と学生は日々自分の成長を感じています。

 

インターンシップ実習前の挨拶回りをする学生

~実習の様子~

8月 GIP学生が帰国しました!

8月23日(日)に、GIP学生4名が無事日本へ帰ってきました。 南通大学での中国語学習、上海でのインターンシップ実習、中国人の友達との交流、地元を離れ海外での生活・・・。本当に沢山の経験をして帰ってきました。 9月30日(水)にはGIP実習成果報告会を予定しています。 このGIPでの経験や自分の成長した部分等について発表します。

 

実習成果報告会

2015年9月30日(水)に、GIP実習生がそれぞれの実習の成果報告を行いました。

南通での生活や上海でのインターンシップ実習で課題を乗り越えたこと、このプログラムを通して学んだこと、今後に向けての目標などをテーマにしました。

それぞれの学生が自分なりに成長した姿が見受けられました。

以下より、GIP実習生の成果発表の一部を紹介します。

 

「人間力を高めるために」 尾谷大策(経済学部)

実習先:工場網信息咨詢(上海)有限公司(FNA)

尾谷DSC03040  尾谷_GIPについて完成版

 

 

 

 

 

 

 

「成長するために」 瀬古英賢(法学部)

実習先:日本公益財団法人京都産業21上海代表処

瀬古DSC03048   瀬古最新2_GIP成果報告

 

 

 

 

 

 

 

「欠点をどう直すか~変えたい自分と変えるための行動~」 可知穂香(法学部)

実習先:オムロン(中国)有限公司

可知DSC03060   可知_GIP成果報告PPT

 

 

 

 

 

 

 

「世界から学ぶ」 山村郁太(経済学部)

実習先:島津企業管理(中国)有限公司

山村DSC03080   山村_GIP成果報告会