京都学園大学

京都学園大学

Department心理学科

心理学科 [亀岡]

更新日:2018年8月30日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

対人援助プログラム 応用心理プログラム 社会・産業プログラム

社会で生きる人間・心を理解し、多彩な進路に活かす。

映画を通して「人」を理解する
心理学の多角的なアプローチを学びました。

山先生の授業で特に印象に残っているのは、3回生の時の「深層心理学」です。『となりのトトロ』や『千と千尋の神隠し』などの映画を心理学的に考察する視点を学びました。それまで気にしていなかったシーンにも心理的な描写が読み取れることがとても興味深く、それ以来どんな映像もより注意深く見るようになりました。また、八百万の神、異界といった目には見えないものに対する日本人の心性に興味を持ち、卒業論文で神の概念と日本人の心について考察したいと考えています。卒業後は大学院に進学し、心理学の研究をさらに深めたいと思っています。

文学部 心理学科 4回生 𠮷良 真琴さん
愛媛県・松山聖陵高等学校出身

「心」を切り口に世界を読み解く心理学で
豊かに生きる知を得てください。

心理学は、世界や人の営みを「心」を切り口に読み解く学問です。目に見える結果ばかりが早急に求められる時代だからこそ、多様な現象の背景にあるものについて学び、考えることが重要になると私は思います。本学科には多様な経歴の教員が在籍し、例えば総合病院や児童相談所で臨床心理士として活躍された経験を持つ教員などのもとで、心理学に関わる領域を幅広く学習できます。吉良さんは、心理学の専門用語や疑問に思ったことなどをとことん調べながら、とても丁寧に学んでいます。彼のように意欲的に学び、人間の心について深く理解する視点を養い豊かに生きる知識や姿勢を本学科で磨いてほしいと思っています。

人文学部 心理学科 山 愛美教授

こんな人におすすめ

  • カウンセラーになりたい
  • 高齢者や障害をもつ人を支援する仕事に就きたい
  • 厳しい環境にある子どもを支援する仕事に就きたい
  • 人の心理や行動を調べ、組織や政策に役立てたい
  • 消費者ニーズに応える商品の企画や販売をしたい

カリキュラムと身に付く力

大学共通プログラム

4つの力を大学共通プログラムではぐくむイメージイラスト
基礎学力・技能
社会人として必要な日本語リテラシー、数的処理(統計含む)、IT技能について学びます。
コミュニケーション力・リーダーシップ・協調性
グループワークや身体活動を通じて、コミュニケーションなどのスキルについて学びます。
未来展望力
現代社会の諸問題をテーマごとに学際的に学びながら、未来を展望します。
英語・異文化理解
グローバルな社会で必要な外国語でのコミュニケーションや異文化理解について学びます。

専門プログラム

対人援助プログラム

講義風景写真

生活や心理面から人を援助する仕事に役立つ心理学を学びます。児童・障がい者・高齢者の生活を支援したい人や、将来、公認心理師や臨床心理士になって、専門的な心理臨床業務を通して人の心に関わっていきたい人に向けた科目を用意しています。


得られる知識・能力
人間理解力
コミュニケーション力
対人援助力

応用心理プログラム

講義風景写真

人の心の働くしくみを科学的に探求することをとおして、社会人としての基礎力(科学的思考と情報活用・伝達能力)を養成します。「人間の行動と感情」を理解したうえで、その知識を仕事に活かす実践力(マーケティング・セルフマネージメント・チームマネージメント能力)を育成します。

得られる知識・能力
論理的思考力
統計的分析力
心理学的知識の実践力

社会・産業プログラム

受講イメージ写真

社会のしくみや心に関わる社会の問題を理解し、産業界の事業や仕事の内容を知って自分自身の働き方を考えます。地域や企業の課題解決や、多くの人の支持を得るコミュニケーションを実践する力を身につけます。消費者・市民の意識や行動をとらえる「社会調査士」資格の取得をめざします。

得られる知識・能力
社会への洞察力
プロジェクト実行力
社会調査力

就職先・進路

  • 大学院に進学し、公認心理師・臨床心理士(公立私立の病院、相談機関、学校、保健センター、司法機関など)
  • 社会福祉施設の児童指導員・生活支援員
  • 企業の総合職・一般職(人事・マーケティング・販売・広報部門)広告代理店地域振興団体(まちづくり団体、観光協会など)
  • 世論・市場調査会社、企業・団体の調査部門

授業Pick up

実践プロジェクト
人文学部 心理学科 君塚 洋一教授

心理学実験やフィールドワークを行う、
参加体験型の科目です。

知識だけでなく、実験やフィールドワーク(現地探訪・調査)を通じて学ぶ、参加体験型の科目です。心理学コース・臨床心理学コースでは、心理検査や観察法、実験法、データ分析や面接法など心理学の学習に必要な「心理学基礎実験」を学びます。社会コミュニケーションコースでは、京都や亀岡の街に出かけ、寺社・企業・文化施設を訪れて、アンケートや聞き取りなどの社会調査、地域やコミュニティを元気にするイベント企画や広報プランを実施する「社会コミュニケーション基礎演習」を行います。

京都亀岡キャンパスのテレビスタジオにて、関西のシンガーソングライターに作品表現と心理について聞く。

社会コミュニケーションコース詳細はこちら

心理学実験の豊富な設備を活用し、心の働きを知る。

西館4F 実験施設

西館4F 実験施設

ネットワーク実験室
ネットワーク実験室個別に分かれたプレーヤーがパズルを解くネットゲームを通して、集団と社会の仕組みを探る社会心理学の実験を行います。
認知心理学実験室
認知心理学実験室記憶の間違いはどのような心のしくみで起こるのか。人の記憶や認知のしくみをめぐるさまざまな「不思議」を調べます。
行動観察室
行動観察室窓の向こう側からはこちらが見えません。犯罪取調室のマジックミラーと同じ設備を使って、人々の自然な行動を観察します。
アイマークレコーダー
アイマークレコーダー人間の眼球運動(視点)を計測する装置がアイマークレコーダー。視線や瞳孔はさまざまな認知の指標となります。

地域の方々への援助を行う「心理教育相談室」。

京都太秦キャンパス内に設置している、幼児から中高年まで幅広い年齢層の方への臨床心理学的援助を行う場です。個人面接や親子並行面接、グループでの子育て相談会など、さまざまな形で心理カウンセリングが行われています。臨床心理士をめざす大学院生にとっての教育訓練機関としての役割も持っています。

心理教育相談室はこちら

soudan1

企業やコミュニティと関わりながら学ぶ。―特色ある学び─
心理学や社会学をベースに、より広く社会人としての力を身につけるため、実社会と関わりながら学ぶプログラムも用意しています。現代社会のさまざまな側面や社会調査の方法を学び、その知識を活かして、実際のコミュニティや企業を応援するフィールドワークを体験します。地域や企業の支援では、市場調査やPR媒体の制作を通じて、社会調査やコミュニケーションの力を養います。

社会コミュニケーションコース詳細はこちら

心理学科で身につくスキル・広がる進路

人の心や行動を科学的に分析する心理学。そうした心理学の領域を、京都学園大学の心理学科では幅広く学ぶことができます。広がる進路も多種多様。対人援助の技術やコミュニケーション力を磨き、あなた自身の可能性を大きく広げてください。

心理相談

心理カウンセリング技術 人の話を聞き、考え、自分の思いを伝える力を養う。

  • 例えば…
  • スクールカウンセラー

生徒の心に寄り添い、
前に進む力を後押しします。

スクールカウンセラーとは、教育機関において不登校やいじめなどの問題に対応し、心理相談を行う「心理サポートの専門家」のこと。スクールカウンセラーという特別な資格はなく、精神科医や教員などが担当することもありますが、現状では臨床心理士が大半です。  私自身、臨床心理士としてスクールカウンセラーを経験してきました。学校では保護者の支援や先生の相談対応などとともに、生徒の心のケアも行います。例えば、悩みや苦しさをあまり言葉にできない生徒とじっくり関わることで、生徒が自分の感じていることに気づき、言葉で表現する力が育つ手助けをします。学校という集団の中で、様々な生徒一人ひとりの状況に合わせた柔軟な対応力が要求される仕事といえるでしょう。一人の生徒と深く関わると、その背後にある学校全体、現代の社会全体についても考えさせられます。困難を感じることも多々ありますが、生徒が悩みを乗り越えて成長していく姿を身近で見守ることができるのは、この仕事ならではの喜びでもあります。
スクールカウンセラーになりたい人は、まずは臨床心理士に求められる一般的な技能の修得をめざしましょう。そして今から様々な体験をして自分の感じたことを言葉にする練習をしましょう。人の心を理解する力と、自分の心をつかむ力はつながっているからです。本学科には臨床心理士として豊富な実務経験を持つ先生が数多くおり、経験にもとづく具体的なアドバイスも含めてサポート体制は万全です。「悩みある人の力になりたい」と願う気持ちを原動力にして、しっかり学び、ここで夢の実現をめざしてください。

心理学科 橋本 尚子 准教授

専門は臨床心理学。京都大学教育学研究科臨床心理学専攻、博士課程修了。担当科目は心理療法、心理学、著書「摂食障害の10代女性との心理面接」河合俊雄編『ユング派心理療法』、論文「自己の刻印としての傷」箱庭療法学研究(2013) 、スクールカウンセリング、学生相談など行う。2015年度日本箱庭療法学会 河合隼雄賞受賞。


渡邊 和美さん

渡邊 和美さん

京都学園大学大学院 人間文化研究科
臨床心理学コース2006年3月修了

スクールカウンセラーとして活躍する先輩からのメッセージ

悩みを持つ人の心を支える。やりがいのある仕事です。

小学校・中学校・高等学校で児童・生徒のカウンセリングや父兄の子育て相談などを行ってきました。多感な時期の子どもたちが抱えている心の課題は人それぞれ。状況を的確に把握して一人ひとりに適したカタチで寄り添うことは本当に困難です。しかし、悩みながらも立ち上がろうとしている生徒と向き合い、問題解決に向けてサポートできる仕事には大きなやりがいを感じます。京都学園大学の大学院では、臨床心理の専門家として生きていくための基礎を学びました。身につけた心理学の専門知識やカウンセリングに関わる多様なスキルは今の仕事に不可欠なものです。また、「本は読むだけでなく、書いてあることを咀嚼して人に説明し、自分の血肉にしなさい」と助言をいただいたことは、臨床家としての私の軸になっています。今後も学び続け、カウンセリングのスキルをさらに磨き、悩みを持つ人の心を支え続けていきたいと考えています。

対人援助

福祉・子どものケア
子どもや親に寄り添い、ともに成長していける人へ。

  • 例えば…
  • 児童養護施設の児童指導員

taijin_1

事情があって家庭で暮らせない子どもたちが生活する児童養護施設。そこで子どもたちの健やかな成長を支えるのが児童指導員です。子どもと一緒に生活するなかで、安心と勇気を育んでゆくような心理的なサポート力が求められます。

医療における援助技術
病に苦しむ患者さんをサポートする力を養成。

  • 例えば…
  • 総合病院の臨床心理士

taijin_2

臨床心理士が活躍する医療現場は、精神科領域に限らず、心療内科、小児科、内科、外科など多方面にわたっています。心の病だけでなく、身体の病を抱えて苦しむ患者を理解し、援助するための医療心理学的な力が必要となります。

対人基礎力

集団・組織心理学
仕事に役立つ対人関係や集団心理の知識を修得。

  • 例えば…
  • 企業の営業職

taijinkiso_1

顧客が抱える問題の本質を理解し、商品やサービスの提供を通して解決へと導く企業の営業職。対人関係や集団心理、ネットワーク科学、また統計分析やITのスキルなど、心理学の専門領域で学べることが非常に役立つ進路です。

コミュニケーション
人と協働できる力を地域や社会の現場などで養う。

  • 例えば…
  • 広告業界企業の宣伝部門

taijinkiso_2

コミュニケーションとは伝え合い、共有すること。立場や価値観の異なる人が集う社会で生きていく力の基本です。商品やサービスの魅力をターゲットに適切に伝える、広告業界や企業の宣伝部門などに心理学の知識とスキルが活かせます。

対人援助・人道・人材開発

心の健康ケア
人の心を客観的に理解できるスキルを身につける。

  • 例えば…
  • 企業の人事・人材開発部門

taijienjyo_1

適材適所で組織のポテンシャルを高めるため、人の心を客観的に理解する必要がある企業の人事。また働く人が心身ともに健康で、前向きに仕事に取り組んでいける環境づくりも大切な業務です。心理学への理解が必須ともいえる仕事です。

データ処理

社会調査
「社会調査士」の資格を修得できる。※

  • 例えば…
  • 企業・行政の社会調査士

deta_1

調査票(アンケート用紙)を配布して意見を聞いたり、現地で人々が何をしているかを観察したり、多彩な手法を駆使して社会状況を調べる社会調査士。市民や消費者の実態やニーズを政策立案や商品のマーケティングに生かすリサーチスキルを身につけます。

※ 一般社団法人・社会調査協会が指定する科目の履修が必要です。

資格・就職

取得できる資格 *国家資格

  • 日本心理学会認定心理士
  • 社会調査士
  • 博物館学芸員*

目標とする資格

卒業後の進路

独立行政法人国立病院機構近畿グループ、福井県警察本部、自衛隊京都地方協力本部、日本郵便株式会社、JA京都、医療法人孟仁会摂南総合病院、京都伏見しみず病院グループ(清水会)、社会福祉法人南山城学園、社会福祉法人長生園、ネッツトヨタ静浜株式会社、株式会社キリン堂、青山商事株式会社、ANAクラウンプラザホテル京都、株式会社エディオン、株式会社ダスキン

就職先業種別状況

主な就職先(過去3年間)

■大学院進学/東京大学大学院、東海学院大学大学院、追手門学院大学大学院、京都外国語大学大学院、京都学園大学大学院、同志社大学大学院、拓殖大学大学院、島根大学大学院、光華女子大学大学院
■製造業/株式会社満月、株式会社笹屋伊織ホールディングス、株式会社土井志ば漬本舗、日本トリム株式会社、株式会社バイカル、西濃印刷株式会社
■情報通信業/サービス&セキュリティ株式会社、ダイワボウ情報システム株式会社
■運輸運便業/ヤマト運輸株式会社、吉川運輸株式会社&吉川グループ、株式会社JALスカイ大阪、日本郵便株式会社
■卸売業・小売業/日清医療食品株式会社、株式会社京阪百貨店、株式会社マツモト、ゼビオホールディングス株式会社、トヨタUグループ、株式会社オーエムツーミート、株式会社ヨドバシカメラ、京都トヨタ自動車株式会社、株式会社エディオン、株式会社さとう、株式会社コスモス薬品、株式会社平和堂、株式会社メガネトップ、コーナン商事株式会社、株式会社クスリのアオキ、株式会社三城、よーじやグループ、ニシムラ株式会社、青山商事株式会社
■金融業/京都北都信用金庫、東山口信用金庫、第一生命保険株式会社、全保連株式会社、明治安田生命保険相互会社
■不動産業・物品賃貸業/株式会社ドリームホーム、株式会社エリッツホールディングス
■学術研究・専門・技術サービス業/株式会社エヌリンクス
■医療・福祉/SOMPOケアメッセージ株式会社、社会福祉法人聖ヨハネ学園、医療法人洛和会ヘルスケアシステム、独立行政法人国立病院機構近畿グループ
■複合サービス業/大学生協関西北陸事業連合、大阪中河内農業協同組合(JA大阪中河内)
■サービス業/綜合警備保障株式会社、セントラル警備保障株式会社、株式会社ワールドインテック
■宿泊業・飲食サービス業/藤田観光株式会社、株式会社バルニバービ、ANAクラウンプラザホテル京都、株式会社星野リゾート、株式会社くらコーポレーション、株式会社グルメ杵屋、アーバンホテルシステム株式会社
■教育・学習支援業/一般社団法人 子ども発達総合支援会 放課後等児童デイサービス さくらハウス、京都学園大学
■公務/菊川市役所、自衛隊 刑務官、沖縄県警察本部

Newsお知らせ

心理学科の教育目的

心理学及び周辺分野の基礎的知識と技能を十分に体得しそれを対人援助や企業などの現場において柔軟に応用、問題解決できる能力を持った人材を育成する。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

  1. 知識・理解
    • 心理学や社会学の専門的知識と研究方法を修得することで、現代社会における諸問題を理解することができる。
    • 豊かな人間性と幅広い教養を身に付け、国際化した社会の変化に適応することができる。
  2. 汎用的技能
    • 優れた文章読解能力を身に付け、自らの思考を口頭および文章で他者に伝えることができる。
    • 統計や実験、調査結果の分析を通じて身に付けた論理的思考力をもとに、社会におけるさまざまな問題に対処することができる。
    • 他者と適切にコミュニケーションをとり、互いの理解を深めることができる。
  3. 態度・志向性
    • 人と社会に対する関心を強く持ち、そこで生じる問題の解決に能動的に取り組むことができる。
    • 現状の課題に対して、協働して取り組み、集団のなかで自分の役割を果たすことができる。
  4. 統合的な学修経験と創造的思考力
    • 心理学や社会学に対する専門的知見に基づき、社会における問題を発見し、必要な情報を収集・分析し、対処することができる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. 教育課程編成
    • 人間を心理と社会の両面から学ぶために心理学・臨床心理学・社会コミュニケーションの3つのコースを設置します。
    • 段階的にバランスよく心理学の諸分野や社会学を学ぶために、学科専門科目には、入門科目、プロジェクト科目、基礎科目、展開科目を設けます。
  2. 学修方法・学修過程
    • 1回生では、心理学や社会学の基礎的な理論や方法論を学ぶために、必修科目として「心理学基礎Ⅰ・Ⅱ」「社会コミュニケーション基礎」を置きます。
    • 2回生では、心理学や社会学の実験や調査の方法を学ぶため、「心理学基礎実験」「社会コミュニケーション基礎演習」を選択的に受講させます。
    • 3・4回生では、心理学・社会学の専門性を高める展開科目を置き、ゼミに所属して学修を進めます。
    • 実験や調査などの集団作業を通じて、集団のなかで自分の役割を果たすことができる協働力を涵養します。
    • 大学での学びの意義づけを重視して、卒業後の人生を見据えたキャリア教育を行います。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

本学科の教育目的に示した人材を育成するために、明確な目的意識と情熱を持ち、高等学校で履修した教科・科目について、基礎的な知識を有し、自分の考えを伝えられる日本語力、さまざまな課題に積極的に挑戦しようとする意欲、活動に積極的に取り組む姿勢、コミュニケーションを効果的に図り、相互理解に努めようとする態度を有する人を求めます。

  1. 知識・技能
    • 高等学校で履修する国語、英語、地理歴史、数学などについての基礎的な知識を持つ。
  2. 思考力・判断力・表現力
    • 人間の心理・行動・コミュニケーションについて考え判断する能力があり、自分の考えを表現できる。
  3. 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
    • 心理学に強い興味・関心があり、未知のことを主体的に探究する強い意欲を持つ。
    • 心理学実験や発表などを、多様な人々と協働して取り組める。