京都学園大学

京都学園大学

Eventイベント

20160709(SAT)

講演会「えげれす人がやってきた!~ペリー来航前夜」協力:ハーバード大学アジアセンター

更新日:2016年7月7日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

京都学園大学創立50周年記念講演会
京都学園大学×ハーバード大学アジアセンター

えげれす人がやってきた!~ ペリー来航前夜

時は文政7年(1824年)、ペリーの黒船が浦賀に現れる30年ほども前に、英国の捕鯨船数船が水戸藩の大津浜沖に出没、乗組員が上陸した。いわゆる大津浜事件である。英国人に初めて接する日本人と、日本人に初めて接する英国人はいかにお互いを「見た」のか。いずれ日本の歴史を大きくゆさぶることになる「西洋との接近」の意味や、日本社会に与えた衝撃を、ハーバード大学が誇る気鋭の日本史学者が、最新の研究に基づき、多数の図版をまじえながら分かりやすく解説する。

img-hvd7-1 img-hvd7

茨城県立図書館所蔵

講演者

デビッド・ハウエル 氏  David Howell
(講演は日本語で行います)

日時

2016年7月9日(土)13時開演 14時終了予定

場所

京都学園大学 京都太秦キャンパス

主催

京都学園大学

お申込み・お問い合わせ

 

お申込みは締め切りさせていただきました。

 

お問い合わせ先:京都学園大学研究連携支援センター

Tel:0771-29-3593

e-Mail:liaison@kyotogakuen.ac.jp

講演者プロフィール

david-h-photo

デビッド・ハウエル 氏  David Howell

ハーバード大学教授(日本史)

ハワイ大学ヒロ校卒業、プリンストン大学で博士号授与。テキサス大学オースティン校、プリンストン大学で教鞭をとったあと、2010年よりハーバード大学に着任。江戸・明治時代の社会史が専門。 政治・経済体制の変化が庶民の生活にどのような影響を与えたかに興味をもっている。