京都学園大学

京都学園大学

Eventイベント

20180616(SAT)

日本のダーク・ツーリズム-グローバル、国、市民の視点-

更新日:2018年6月20日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加
日本のダーク・ツーリズム~グローバル、国、市民の視点

京都学園大学創立50周年記念講演会
京都学園大学×ハーバード大学アジアセンター

日本のダーク・ツーリズム~グローバル、国、市民の視点

ここ数十年の間で、 過去の悲惨な歴史の舞台となった場所を訪れることを表す「ダーク・ツーリズム」という言葉が、学者やジャーナリストの間で使われるようになった。アウシュヴィッツ強制収容所や広島平和記念公園のようなユネスコ世界遺産は、紛れもなくダーク・ツーリズムの地であり、奴隷市場などもこれに含まれるであろう。現地を訪れた者は、近現代史の凄惨な歴史的出来事の意味を、暗に、また直接的に考えさせられることになる。その他にも、歴史の「光」と「影」を併せ持つ場所も多く存在し、炭鉱跡や工場跡などの産業遺構はまさにその例といえる。2015年、様々な議論を呼んだのち、「明治日本の産業革命遺産」のユネスコ世界遺産登録が決定した 。本講義ではこのような「困難な歴史」と呼ばれる遺産を中心に取り上げ、ローカルな視点、国家レベルの視点、さらにグローバルな視点から考察する。我々の歴史の複雑さを理解するために複数の視点を用いることの重要さを議論したい。

講演者

アンドルー・ゴードン 教授
(講演は日本語で行います)

日時

2018年6月16日(土)

開場
12:30
開演
13:00(終了予定 14:15)
講演会レポートはこちら

場所logo_kyotoshi

京都学園大学 京都太秦キャンパス みらいホール 

※京都太秦キャンパスには駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

主催

京都学園大学

後援

京都新聞

お申込み

お問い合わせ先

京都学園大学研究・連携支援センター

Tel:0771-29-3593

Mail:liaison(アット)kyotogakuen.ac.jp
※(アット)は@に置き換えてください

講演者プロフィール

アンドルー・ゴードン 氏

アンドルー・ゴードン 教授

ハーバード大学教授(歴史学)。同大学歴史学部長、ライシャワー日本研究所所長、アジアセンター所長などを歴任。専門領域は、日本近現代史、日本労働史、経済史から文化史までと幅広い。『歴史としての戦後』、『日本の200年―徳川時代から現代まで』、『日本人が知らない松坂メジャー革命』など邦訳の著作も多数。2014年、「アメリカ合衆国における日本研究の発展及び相互理解の促進に寄与」したとして旭日中綬章を授与される。