京都学園大学

京都学園大学

Eventイベント

  • カテゴリー選択
20190209(SAT)

京都学園大学国際交流センター主催 講演会「ジャパニーズ・アメリカン Part 3 日系人の多文化アイデンティティ」

更新日:2018年12月19日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャパニーズ・アメリカン part3 日系人の多文化アイデンティティ

「ジャパニーズ・アメリカン part3 日系人の多文化アイデンティティ」

開催要領

日本にルーツを持つ日系人は、今や世界各地に居住し、長い年月を経て、それぞれの地域で、言語・文化・民族(エスニシティ)のハイブリッド化が進んでいる。その変化する中で、「戦時日系人強制収容所」が持つ意味と影響を、過去の講演をクイズ方式で復習しながら考察する。

開催日時

2019年2月9日(土)13:00~14:30(受付12:30~)

場所

京都で学ぶ地下鉄で通うっ公共交通利用促進キャンペーン

京都学園大学 京都太秦キャンパス 北館N303

※京都太秦キャンパスには駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

講演者・司会

講演者:野﨑京子氏(京都産業大学名誉教授)
司会:古木圭子(京都学園大学 経済経営学部教授)

入場料

無料(事前申し込み不要)

定員

150名

申込み対象者

学生・市民のみなさま

問い合わせ先

京都学園大学 国際交流センター
Tel: 075-406-9214または 0771-29-2386
E-mail : ied(アット)kyotogakuen.ac.jp
※(アット)は@に置き換えてください

主催

京都学園大学 国際交流センター

講師プロフィール

野﨑京子

野﨑京子  Kyoko Norma Nozaki

米国カリフォルニア州生まれ。日系三世。カリフォルニア大学バークレイ校卒業。言語研究修士。専門は、異文化コミュニケーション、日系人強制収容問題、国内外で人権についての講演多数。著書『強制収容とアイデンティティ・シフト―日系二世・三世の「日本」と「アメリカ」』(世界思想社、2007)、共著『エスニシティを問いなおす―理論と変容』(関西学院大学出版会、2012)、研究ノート「日系アメリカ人作家が描く日本—虚構の中の現実」(AALA Journal No.22, 2016)など。