京都学園大学

京都学園大学

Newsお知らせ

バイオ環境学部で4大学連携合同フィールドワークを実施しました

更新日:2017年9月8日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオ環境学部では、9月4日(月)から6日(水)にかけて、「4大学連携合同フィールドワーク」を本学京都亀岡キャンパスで実施しました。

 

 

本フィールドワークは大学間連携の一環として毎年実施しているもので、京都学園大学、公立鳥取環境大学、人間環境大学、豊橋科学技術大学の学生・教員あわせて21名が参加。今年は本学セミナーハウスで2泊3日の合宿を行ないました。

 

 

今回のテーマは、亀岡・京都をブラブラ「京都の歴史文化街歩き」。

初日は、地元亀岡の街中の散策をし、夜は亀岡市を流れる保津川の歴史と文化を学びました。
2日目は、京都市内を歩き、琵琶湖疏水記念館で疎水の歴史を解説していただき、夜には「まいまい京都の街歩きツアー」の仕掛け人の方から旅の魅力を熱く語っていただきました。

 

 

そして最終日には、全体のまとめを行なった後、グリーンプラザでドローン空撮の人文字動画撮影に初めて挑戦しました。

 

 

バイオ環境学部では今後も、大学間で連携した実践的な学びを積極的に実施していきます。

 

バイオ環境学部の学びはこちら 担当した原雄一先生ってどんな先生?