京都学園大学

京都学園大学

Newsお知らせ

服部陽介講師が日本感情心理学会第25回大会「独創研究賞」を受賞しました

更新日:2017年9月11日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加
日本感情心理学会第25回大会「独創研究賞」を受賞した服部陽介講師

この度、第25回大会において本学人文学部心理学科の服部陽介講師が「独創研究賞」を受賞されました。
受賞されたテーマは『赤色は名前をも魅力的にするか?』。

日本感情心理学会は1992年に感情研究に関心をもつ研究者が広く集う学会として設立され、心理学領域をはじめ関連分野の方々が活発な研究活動を展開されています。

服部先生のコメント

この研究は,赤色が写真に写った人物を魅力的にみせることを示した過去の研究をヒントにして行ったもので,赤色は,写真だけでなく,文字で表示された名前の人物をも魅力的にみせることを新たに報告しています。これからも,人のこころの理解に貢献すべく,実証的研究を積み重ねていきたいと思います。

服部 陽介 講師の教員紹介はこちら

人文学部 心理学科のページへ

突撃インタビュー「# 聞いてみた」服部 陽介 講師

失恋から立ち直るには辛いことを考えるのが一番?人文学部心理学科・服部先生に聞いてみた