京都学園大学

京都学園大学

Newsお知らせ

スポーツ栄養サプリメントブランド(ザバス)からスポーツマネジメントを学ぶ!

更新日:2018年5月14日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

5月9日(水)健康スポーツ学科マネジメントコースの「実践プロジェクトA」において、株式会社ニューレックス(ザバス・ヴァーム商品販売促進事業部)の簸川角 学 氏から、「スポーツ栄養補助食品の歴史と現状、さらにはアスリートマネジメント」についてご講話を頂きました。

サプリメントの歴史から現在販売されている栄養補助食品の特徴や効果、特に運動に伴う栄養補給の重要性についてトップアスリート選手の栄養指導の例を基に説明して頂きました。

また、大谷翔平選手をサポートする最新のプロテインは、水に溶けやすく無味無臭であり、非常に飲みやすいことに加えて、豊富な栄養を補給できるように開発されているようです。現在では、「食トレ」という言葉も広く知られ、単純にフィジカルトレーニングをするだけではなく、食事や栄養面も含めてトレーニングを考えていくことが重要であることを学びました。さらに、最高のパフォーマンスを発揮するには休養も大切であり、基本となる食事を摂り、それでは補えない部分を補助する役割としてサプリメントを使用するというサプリメントの正しい摂取の仕方などトレーニングに関連する包括的な知識が良い体づくりに繋がることをさまざまなオリンピック選手の例を挙げて説明して頂くことで改めて実感する内容でした。

サプリメントの歴史から現在販売されている栄養補助食品の特徴や効果、特に運動に伴う栄養補給の重要性についてトップアスリート選手の栄養指導の例を基に説明して頂きました。また、オリンピックの選手村でどのような食事が提供されているか、種目や体重などに合わせた食事の提供の仕方についても学ぶ貴重な機会となりました。

我々が普段何気なく使用している水分やサプリメントも、プレー前後の水分や食事の摂り方が運動後の身体的疲労与える影響や、サプリメントの正しい摂取の仕方、トレーニングの仕方の豊富な知識が、最高のパフォーマンス発揮に繋がる体づくりを支えていることを改めて実感する内容でした。

最後に、トップアスリートを含め運動・スポーツに関わる人達が必要な栄養と消化を考え、いつ、どんな目的で食事を摂るかが重要であり、食事から生じるストレスを減らし、結果を出す方法を学ぶなど、学生たちは興味津々でした。

簸川角 学 氏  (株式会社ニューレックス ザバス・ヴァーム商品販売促進事業部部長)