京都学園大学

京都学園大学

Newsお知らせ

食農学科 実践プロジェクトE : 梅クッキーチームが肉フェスタに参加しました。

更新日:2018年11月29日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

城州白梅プロジェクトでは、3年前から京都の梅、城陽市青谷の『城州白』という品種の梅を多くの方々に知って頂きたいという思いで活動を続けております。2018年11月10日には、亀岡市の南郷公園で開催された『肉フェスタ』に参加しました。

PB100184_B_R
PB100116_B_R

本プロジェクトは、バイオ環境学部の『実践プロジェクトD・E』という授業科目で約2年間、青谷梅工房(代表:田中 様)との商品開発の打ち合わせを定期的に行いながら、平日の放課後や休日を利用して梅クッキーのレシピ開発に取り組みました。チーム一丸となって努力した結果、昨年の肉フェスタにおいて梅クッキーを発売することができました。

PB100101_B_R
PB100090_B_R

梅クッキーの販売はこの日で1周年を迎えました。その間、メンバーも4回生から3回生に世代交代し、メンバーが一新しました。2代目に引き継がれてからも、青谷の地域活性化に対する強い熱意はしっかり受け継がれ、プロジェクトは着実な進化を続けております。

PB100126_B_R
PB100013_B_R

本年度のプロジェクトの主な活動としては、梅クッキーから城州白の魅力をより感じてもらえるようにと、梅クッキーのレシピ改良を繰り返すと共に、地域で開催される多くのイベントに積極的に参加して、城州白のPR活動につとめてきました。梅クッキーをご賞味頂いた方からは、『美味しい』、『城州白の魅力が感じられる』といった多数ご感想を頂きました。

本日は、亀岡・肉フェスタにご来場した多くの亀岡市民の方に梅クッキーをご試食・ご購入頂きました。ブースに立ち寄って頂いた全ての皆様に深くお礼を申し上げます。また、亀岡市長である桂川市長 様にもご購入頂きました。梅プロジェクトでは、京都の梅:城州白をより多くの方々に知ってもらいたいという思いで今後も活動を続けます。来年は3代目メンバーで、亀岡・肉フェスタに参加できればと思います。食農学科・梅プロジェクトの今後の活躍にご期待ください。

食農学科 四日 洋和