京都学園大学

京都学園大学

京都学園大学 京町家「新柳居」連続講演会
“京都で油を語る~京の油売りと健康~”

更新日:2017年9月14日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

京都学園大学 京町家「新柳居」連続講演会
“京都で油を語る~京の油売りと健康~”

植物や動物からとれる油は江戸時代までは主に灯明として使われ、明治時代からは食用油としての需要が増加してきました。現代においては主に食用として私たちの生活や健康に大きくかかわっています。京都には離宮八幡宮と油座、近世の油問屋、最先端バイオを駆使した京都発油生産技術など油にまつわるたくさんの話題があります。本連続講演会では、歴史にのこる京都での油の生産・販売にかかわる神社、問屋、生産者などの関係者および油と健康をテーマに研究をされている研究者など6名の方にご講演いただきます。みなさまのご参加をお待ちしています。

開催日時

日程

※セミナー内容は、各日付をクリックしご確認ください。

開催場所

京町家「新柳居」

京都市中京区新町通錦小路上ル百足屋町384

※会場はお座敷となる場合があります。バイクでのご来場はお控えください(自転車可)。

定員

各回25名

受講料

1,000円(当日持参)
※高校生・大学生 無料

応募方法

申込フォームよりご応募ください。

申込みフォーム
お電話でのお申込みの場合は、下記をお伝えください。
  1. 住所、氏名、年齢
  2. 参加日
  3. 応募のきっかけとなった広報媒体(HP・チラシ・ポスター・地下鉄車内広告)

京都学園大学 京町家「新柳居」

TEL:075-204-9160 月~金 8:30~16:30

※9月19日、9月26日開催の講演会について、保育サービスを実施いたしますので、ご希望の方は開催日1週間前までに下記までお申し込みください。

※お電話がつながらない場合は下記までお問い合わせください。

京都学園大学 研究・連携支援センター
TEL:0771-29-3593 月~金 9:00~17:00

セミナー内容

第1回 離宮八幡宮と油座

日程:2017年9月5日(火)18:30~20:00

  • 講 師 : 津田定明 氏(離宮八幡宮 宮司)
  • 会 場 : 京都学園大学 京町家「新柳居」

大山崎町にある離宮八幡宮は平安時代にエゴマ(荏胡麻)油の製油を始め、室町時代まで油の専売特権を有していました。講演では離宮八幡宮や油座の歴史、油粗としての行事などについてお話しいただきます。

セミナーレポートはこちら

第2回 エゴマの科学

日程:2017年9月19日(火)18:30~20:00

  • 講 師 : 伊藤美千穂 氏(京都大学大学院薬学研究科 准教授)
  • 会 場 : 京都学園大学 京町家「新柳居」

エゴマはエゴマ油の原料作物であるとともに、近年は健康食材としても注目されています。講演では、世界各地のエゴマの栽培や利用法、エゴマ油や葉の健康機能などについて最近の研究成果も含めてお話しいただきます。

第3回 京の油問屋

日程:2017年9月26日(火)18:30~20:00

  • 講 師 : 浅原貴美子 氏(株式会社 山中油店 営業部長)
  • 会 場 : 京都学園大学 京町家「新柳居」

日本に食用油がどう根付いてきたのか、京都ではどんな風に油が使い続けられてきたのか、などを創業200年の山中油店の歴史と重ね合わせながらお話しいただきます。また食用油について“利き油“していただきます。

第4回 ゴマとゴマ油

日程:2017年10月3日(火)18:30~20:00

  • 講 師 : 山田康一 氏(株式会社 山田製油 社長)
  • 会 場 : 京都学園大学 京町家「新柳居」

ゴマはゴマ油の原料としてだけでなく、種子そのものやその成分が食品素材として広く利用され、日本人になじみ深い食材です。本講演では、ゴマの特徴や利用法、ゴマ油の製造や特性・健康に関するお話をしていただきます。

第5回 微生物で作る油

日程:2017年10月17日(火)18:30~20:00

  • 講 師 : 清水昌 氏(一般社団法人 バイオインダストリー協会 会長)
  • 会 場 : 京都学園大学 京町家「新柳居」

微生物バイオを利用した油脂生産法が京都発の技術として工業化に取り組まれており、世界的に注目されています。本講演では微生物による有用油脂や稀少油脂の生産、私たちの生活との関わりなどについてお話しいただきます。

第6回 油脂と健康

日程:2017年10月24日(火)18:30~20:00

  • 講 師 : 藤田裕之氏(京都学園大学バイオ環境学部 教授)
  • 会 場 : 京都学園大学 京町家「新柳居」

油脂は、人の健康に“正”と“負”の重要な役割を果たしています。日本人の食生活における油脂利用の変遷、近年の油脂の生化学や栄養学の研究の発展を踏まえて、私たちの健康と油脂のかかわりについてお話しいただきます。

企画に関するお問い合わせ

京都学園大学研究・連携支援センター

Tel : 0771-29-3593
Fax : 0771-29-2388

E-mail : liaison@kyotogakuen.ac.jp

世話人

バイオ環境学部バイオサイエンス学科 教授 藤田裕之(0771-29-2332)

京都学園大学名誉教授 関谷次郎(0771-29-3475)

主催

京都学園大学

後援

日本油化学会関西支部