京都学園大学

京都学園大学

2019年、京都学園大学は京都先端科学大学へ生まれ変わります。2019年4月、京都学園大学から京都先端科学大学へ、私たちは生まれ変わります。実学教育の伝統を更に進化させ、日本の既存の大学では難しかった「トンがったカリキュラム」を提供し、現代が求める「トンがった人間」を育成します。京都から、世界で活躍できる若者の育成を目指します。
  • 【新しいシンボルマーク】

    Aをアクセントに先進性を表現。
    ディープグリーンは強い信念を、
    フレッシュグリーンは若々しさを
    象徴しています。

  • 【新しいキャッチフレーズ】

  • 【新しいユニバーシティアイデンティティ】

「京都先端科学大学」の新しさとは?

設立の想い トンガリ人材とは?

  • 記憶とテクニックが中心の偏差値が過大に評価される既存の枠組みの中、
    多様な能力の芽が摘まれてしまっていた。
  • 実際に社会は
    多種多様な能力
    求めている。
  • 多様な個性と能力を
    備えた人材を育成
    し、
    輩出したい。
  • そしてその能力と個性を
    世界に発信する為の
    スキル
    を身につけてほしい。
  • 専門性の「芽」を育てる機会を具体的に提供する
  • 実践的な英語力と国際社会人としての基礎能力を提供する
    (現在のグローバル社会では、専門性だけでは活躍の機会を得にくい)
3つのトンガリ 私たちが育てたい人物像 専門性 実践的な英語力 国際社会人基礎能力

施策 大学もトンがらねば

つまり、京都先端科学大学とは…
トンがった人材をさらにトンがらせる、今までの日本になかった大学。
事実、「その為のさまざまな具体的行動」を私たちは推し進める。

  • 専門性のために

    社会が求める新しい分野を研究し、学びます。
    ※工学部は2020年4月開設予定(構想中)

  • 実践的な英語力
    のために

    めざすは実践的な英語力。
    そのため・・・

    • ネイティブ教員による
      15人のレベル別クラスで実践。
    • 全体の22%を全学部で
      英語教育
      に割きます。
  • 国際社会基礎能力
    のために

    体育を必修化します。身体を動かす事は知的活動にも大きな役割を果たすという事が脳科学の分野でも認められている。またゼミナールも15人程度の少人数制で実施。月単位の長期インターンシップや海外インターンシップなども実施し、社会・世界で揉まれる実践を数多く積み重ねます。そして、世界で戦える「強かさ」を育みます。

まとめ 校名に込めた決意

京都先端科学大学
先端いまだ誰もおこなって
いない価値(または課題解決)
を創造すること

自分の個性や能力を伸ばしたい若者を支援。

自分の興味が社会で役立ったら…、そんな若者を応援。

科学知的・論理的アプローチによる現状打破 3つのトンガリ 私たちが育てたい人物像 専門性 実践的な英語力 国際社会人基礎能力

科学=理系ではありません。
「社会科学」「人文科学」という言葉がある。要は、学問の対象が何であれ、
真実を追求する知的、論理的思考が科学であると考える。

あらゆる個性を知性へ。
科学的アプローチで
あなたを変える

TOP INTERVIEW

さあ、世界を驚かせよう!

永守重信理事長

2018年3月、日本電産株式会社永守重信氏が京都学園大学(2019年4月に京都先端科学大学に大学名変更)を運営する学校法人京都学園の理事長に就任。

Message

あなたは、成功するまで挑戦を続けた経験がありますか。もしあなたが高校生で、そうした経験をしたことがないなら、本学に入学してそれを経験してください。中学高校ではそれほど勉強はしていなかった、でも部活だけは一生懸命やっていたというような人も歓迎です。

私は1973年に従業員3名とともに日本電産株式会社を自宅の納屋で起業し、創業から45年の間に、売上高1兆数千億円、従業員約12万人の会社に成長させることができました。自分がやりたいと思ったモータの研究をずっと続けてきた中で、「世の中に今はないが、将来必ず必要とされるものを先回りして生み出す」という思いで走り続け、世界最大のモーターメーカーに育て上げました。若い人たちにも、これが自分の仕事だと胸を張れる、そういう人生を歩んでほしい。今の若い人には夢がないと言われますが、夢・希望を持ってほしいと心から願います。

本学はこれまでにない大学改革の先駆者になります。本学で学び、夢を実現し、ともに世界を驚かせましょう。

Profile

1944年京都府生まれ。
1973年に28歳で日本電産を設立。300社を越える連結企業集団に成長させ、世界No.1の総合モーターメーカーに育て上げた。2006年、米バロンズ誌により「世界のベストCEO30人」の一人に選出。2014年、日経ビジネス誌が初めて実施した「社長が選ぶベスト社長」で1位に選出。2015年、全国発明表彰において「文部科学大臣発明賞 発明実施功績賞」を受賞。2018年3月、学校法人京都学園の理事長に就任。

京都先端科学大学4つの改革テーマ

京都先端科学大学が目指すのは京都発世界人財

  • 即戦力の輩出

    日本の大学出の若者は、海外の大学出の若者と比べ即戦力として働ける人がほとんどいない。そこで、例えば、「中小企業の経営」とか、「モータ工学」や「ロボット工学」といったように、社会に出て直ちに役に立つ特定の分野の専門性を身につけることが必要です。社会、企業に即戦力、実戦力として求められる人材を、私たちは育てます。

  • 世界水準の大学へ

    世界の大学ランキングで、シンガポールやベトナムなど東南アジアの大学が順位を上げているのは、世界中から留学生を受け入れ、国際水準で人を育てているから。京都というブランドは海外でも高く評価されており、京都で学びたい人は世界中にいます。本学も国際水準で人を育てる大学に変わり、将来は世界ランキング100位以内に入ることを本気でめざしていきます。

  • 社会が求める学部

    2020年に「モータ工学」などを学ぶ工学部の設置をめざしています。モータの需要は今後爆発的に伸びます。例えば、電気自動車、工場の無人化を担う人間型ロボット、最近注目されているドローンにも多くのモータが必要です。あらゆる産業に必要なものにもかかわらず、研究者も技術者もまったく足りていません。本学の工学部の卒業生は、企業から引く手あまたの人材になるでしょう。

  • ベルリッツからプロの教員を動員

    私たちは英語教育に力を注ぎます。英語は、海外で働く上での運転免許証のようなものです。また、日本で働くにしても、今後は英語力が大切になってきます。日本電産のネットワークも生かして、世界各国で長期間の就業体験ができるプログラムの導入も検討しています。現代の仕事の必須スキルである英語を、すべての学生が身につけ、高められる英語教育を実現していきます。

    ベルリッツと連携した実践的な英語プログラム京都先端科学大学×全世界で20,000社、日本で4,300社が語学研修を導入 Berlitz

    [目標]英語を使って
    仕事のできる社会人へ
    • めざすは、TOEIC換算250点以上アップ
    • カリキュラム全体の1/4が英語学習
    • 1・2年次:週3コマ 3年次:週2コマ「頻度」と「密度」の高い英語教育
    • 英語教育の権威ベルリッツと連携 世界で証明された教員とメソッドを導入

    ※ただし、看護学科・言語聴覚学科は除く

これからの変革

京都先端科学大学
2019

「京都先端科学大学」への
名称変更と同時に、
京都太秦キャンパスに新棟を建設。
50年の伝統を土台に、新しい大学へ。

変化と進化を伝える「決意」の表明。

大学名変更

大学創立50周年を機に、大学名を「京都先端科学大学(Kyoto University of Advanced Science)」(略称KUAS)に変更します。 「先端科学」という言葉には、より深い専門性と世界で通用する先進性を備えた人材を育成するという思いを込めています。

社会のニーズに対応し、実学は進化する。

カリキュラム改革

本学のカリキュラムを改革し、グローバル社会が求める人材を育成するために教員が学生に寄り添って徹底的に個別指導を行います。大学共通のカリキュラムではすべての学生が社会人としてのコアな能力を身につけ、学部学科の専門カリキュラムでは進路が明確なプログラムで実学を学びます。

太秦の先進的な学習環境が一層充実。

京都太秦キャンパス西館建設/
心理学科移転

京都太秦キャンパスに、北館、東館に加えて「西館」が誕生。既存学部に加え、現在は京都亀岡キャンパスに立地する心理学科の新たな学び舎ともなります。実験心理学に強いなどの特徴を持ち、国家資格である公認心理師の取得もめざせる心理学科は、移転によって、大阪や滋賀などからもより通いやすくなります。

2020

工学部機械電気システム工学科(仮称)・
工学研究科の設置を構想中。
モータ工学、ロボット工学など、
時代の最先端を学ぶ新学部が誕生。

産業の未来を生み出す
先端教育・研究拠点が太秦に誕生。

工学部機械電気システム工学科(仮称)・
工学研究科(設置構想中)/
京都太秦キャンパス工学部棟(仮称)建設

2020年4月に、工学部機械電気システム工学科(仮称)と工学研究科の設置を構想中。学生寮を新設して世界各国から留学生を受け入れるとともに、多くの企業が求めるモータ工学やロボット工学などの技術に強みを持つ人材を育成することで、これまでにない「国際的で、トンがった工学部」をめざします。これに合わせて、京都太秦キャンパスの建物で最大規模の南館=工学部棟(仮称)の建設も予定しています。 ※内容は予定であり、変更する場合があります。

pagetopへ