京都学園大学

京都学園大学

International留学・国際交流

一時帰国と再入国許可

更新日:2015年8月11日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなし再入国許可

基本的に、帰国や海外旅行などの理由で一時的に日本を離れる場合、再度日本に入国するためには、日本を出国する前に入管から「再入国許可」を得ておく必要があります。
ただし2012年7月9日からは「みなし再入国許可」制度が導入されました。有効な旅券と在留カードを所持していれば、日本を一時出国する際、出国後1年以内かつ在留期限内に再入国する場合は、原則再入国許可証の取得が不要です。法改正後一定期間「在留カード」とみなされることとなっている外国人登録証明書を所持する場合でも同様の取扱いとなります。出国する際には必ず空港の出国審査場で在留カード(または外国人登録証明書)を提示してください。
※在留期限が出国後1年以内に到来する場合は、必ずその在留期限までに再入国する必要があります。
 

留学生出国届け

出国日と帰国日が決まったら、一時帰国する前に国際交流センターで「出国届」を提出してください。