京都学園大学

京都学園大学

International留学・国際交流

2014年4月 “Let’s Study Abroad!!”

更新日:2015年11月25日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月に大学院、経済学研究科に飛び級で入学した朱一帆(シュイチハン)くんのレポートを紹介します。

大学院 経済学研究科 朱一帆くん

201404_02

子供時代によく親戚から遠い所で宝があることを聞きました。自分の従兄弟達みんなその宝物を目指して海外へ留学に行きました。私達の夢は私達の故郷より大きいですから、3人共に留学に選択しました。

日本は中国の身近な隣国ですので、子供のころは日本のアニメや漫画に接することによって、日本に対する興味を持ちました。大きくなってからは、日本の政治経済、科学技術、文化等に関する書物を読む機会が多く、日本の悠久の歴史や奥深い文化、戦後の高度経済成長、そして高度に発達した科学技術に対して尊敬の念を感じるようになりました。幼少時からの興味に加え、今尊敬を感じ、日本に留学して造詣を深めようと決心したのです。

18歳で母国から離れ、来日しました。その時、群馬県にある日本語学校へ通いました。二年後、京都学園大学経済学部に入学しました。留学生として、日本での学習生活は国より暇なので、暇な時は先輩達と旅行に行ったり、遊びたり、生活経験を学んだりしました。はじめで教科書を読む以外にも、色々な充実な生活方法があります。国での学生の生活を慣れた当時の私はすごく感動しました。アルバイトしよう、夢を見よう、旅へ行こうと自分の理想な生活だと思いました。

大学に入って、周囲の日本人の知り合いが多くなり、日本での留学生活を完全に慣れたと思います。毎日授業を受けたり、バイトに行ったり、ごく充実な三年間を過ごしました。この三年間の間、授業にしてもバイトにしても、頑張りました。親の負担を減らしました。バイト先の皆もいい評価を頂きました。もともと四年間の大学課程ですけど、僕が三年間をかかって、大学での勉強を終わりました。そして、先生のおかけで、飛び級ができました。2014年4月1日、私は大学院に入りました。3年の大学の生活で、周りの人々から支えて頂く、たくさんのいい思い出がありました。

  • 201404_04
  • 201404_05
  • 201404_06
  • 大学院生になった後、忙しいですが、部活をしたいと思います。日本に来て5年間、いろいろがあったけど、周りの皆のおかげで、僕の留学生活がうまく進んでいます。本当に心より感謝しています。また、僕は国際交流サークル「U member」の中の一人になりました。僕と同じ留学しに来た人々のために、他のmemberと一緒にイベントを企画、参加しました。僕は皆様へのありがたい気持ちを表すために、周りの皆様に何かをしてあげたいです。恩返しとして、僕の力を皆に役を立ちたいです。これから、できる限り、他の留学生に助け合いに行きたいと思います。そして、日本人の学生と一緒に他の言語を勉強したいです。