京都学園大学

京都学園大学

International留学・国際交流

海外留学、海外研修の長所と短所

更新日:2017年10月20日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

海外研修・留学の長所と短所のご紹介です。
さまざまな海外研修・海外留学の長所と短所は次の表のようにまとめることができます。
 

種類 注意する点 長所 短所
本学の海外研修に参加 毎年、春・夏休みに海外研修を実施しています。

  • 団体で行くので安心。
  • 単位が認定されます。
周りが同じ大学の人なので、ついつい日本語で話してしまいがち。
短期の語学研修に
個人で参加
研修の時期、研修期間の長さによって、必要となる金額も違ってきます。
  • 春休み・夏休み期間を利用して研修に参加できます。
  • 英語を母国語としない人達と一緒に学習します。
個人で参加するため、手続きなどを基本的に一人でこなさなければなりません。
語学学校に入学 海外にはさまざまな語学学校があるため、どの学校が自分にふさわしいかをよく調べておく必要があります。 TOEFLの点数には関係なく入学できます。 本学を休学して留学すると復学した後に卒業が遅れる場合があります。
本学の交換留学に参加 海外7か国12校と交換留学協定を結んでいます。
参加するまでの準備期間が約1年間くらい必要です。

  • 学費が免除されます(詳しくは国際交流センターに問い合わせてください)。
  • 協定校で取得した単位は帰国後、本学で単位認定されます。
  • 準備期間が長く、手続きが複雑です。
  • 長期間にわたる1人での海外生活になるので、独立心が必要です。
海外の大学に正規留学 TOEFLのスコア500点~550点以上を取得していることが海外の多くの大学で入学条件となります。 本学で「留学」として認定されれば、留学期間も在学期間に算入されるので、4年間での卒業も可能です。 日本の大学を休学して留学すると、復学した後に、卒業が遅れます。

 
詳しくは国際交流センターにお問い合わせください。
 

【ワーキングホリデーと語学研修】
ワーキングホリデーとは、日本がオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・フランス・ドイツ・韓国の各国と結んだ協定によって始められた交流プログラムです。ワーキングホリデー用のビザを取得すると、最長で1年間(国によっては最長2年間)の滞在ができ、アルバイト報酬も得ることも可能です。
ただし、働けるといっても、滞在中の生活費に相当する一定の所持金がないと、ビザが下りません。また、ワーキングホリデービザは1人1回しか取得できません。
なお、この制度は現地でのアルバイトや語学の勉強よりも観光に重点が置かれているので、英語の力を身につけるのが目的ならば、通常の語学研修がよいでしょう。