京都学園大学

京都学園大学

International留学・国際交流

徳成女子大学交換留学生レポート(2018年度)

更新日:2019年2月6日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国 徳成(トクソン)女子大学に交換留学している清末梨舞さんのレポートを紹介します!

 

2018年9月

안녕하세요^ ^

こんにちは!初めまして!
8月から韓国 ソウルにある徳成女子大学に交換留学生として通っている清末梨舞です。

徳成女子大学はソウル市内ではありますが、自然豊かです。韓国の大学は坂が多いと聞きますが、ここ、徳成女子大学は坂がないので比較的通いやすい大学です。学校にはたくさんの施設があり、コンビニはもちろん文房具店、眼鏡店、銀行、郵便局など、日本と比べて充実していると思います。他にも自然豊かで景色が綺麗なので、友達と外で勉強したりご飯を食べたりと楽しめます。図書館も大きく、試験期間は24時間開いているので、学生が寝泊まりできるような施設になっています。

韓国に来て、1ヶ月と半月ほど経ちました。
私は自分で勉強はしていたものの、初心者同然の語学力だったので最初は戸惑うことも多く、落ち込みましたが、今はだいぶ韓国での生活にも慣れてきて、楽しいなと感じられるようになっています。語学堂では、クラスが少人数なので仲良くなるのにも時間はかからず、多国籍で語学も違うためみんな一生懸命勉強して、習った単語で頑張って会話しています。互いに教え合いながら授業を受けられるのでとても楽しいです!

私は大学でも授業を受けていますが、その授業には他の日本人留学生もいて心強く、日本語専攻の学生のための授業なので、韓国人の学生もとても上手に日本語を話しています。なので、授業中の会話は日本語で出来るので楽しく受けることが出来ています。また、授業が終わると仲良くなった韓国人の学生と一緒に勉強したり、韓国語を教えてもらったり出来るのでそこも大学に通うメリットだと思います。バディになってくれている学生がすごく親切で、何も分からないので寮のことや、授業のこと、プライベートのことまで面倒を見てくれて感謝しています。まだ韓国にきて1ヶ月ちょっとですが、私の通う大学の学生はみんな優しくて、困っていたらすぐに手を差し伸べてくれるような学生ばかりです。たくさんの人に助けられてこの1ヶ月過ごしてきたなと、改めて思いました。

韓国に来て困ったことは特にないですが、なんでも「したい!」という気持ちがあれば周りの人は助けてくれると思います!言葉の壁にぶち当たることばかりですが、それを越えて助けてくれるので積極的に話しかけたり仲良くなろうとすることで、語学力も上がると思うし、学ぶものがたくさんあると思いました。また、寮生活ですが同じユニットの学生は英語で会話しているので、英語が出来ない私は会話には入れませんが、ジェスチャーや簡単な単語でなんとかやっていけそうです。

後は、買い物などに出かけたりすると思いますが、バスには気をつけてください。今はもう慣れたので大丈夫なのですが、最初の方は運転は荒いし、降りるバス停が分からないし、と大変でした。2つ先のバス停まで放送されるので、こんがらかることが多々あります。 電車では、みんな席に座るのに必死で毎回戦争になっています。おばちゃん達は乗り込むときも、席を取る時も猛ダッシュ!韓国で電車に乗る際は気を強く持って負けじと乗ってください。電車内での電話も普通なので、結構賑やかな電車になっています。最初の方は慣れないと思いますが、慣れると普通になってくるので大丈夫です。

まだ10月の前半ですがもうすでに寒いです。私の住む地域では、もうコートを着ている人がいたり、ニットを着ている人がいたりと冬仕様に変わっているので、留学に来る際は多少冬服も持ってくるとすぐに対応できると思います!

では、また来月のレポートで^ ^ (私の好きなセンイル看板の写真を添えて…)