京都学園大学

京都学園大学

Newsお知らせ

学校法人京都学園と永守 重信氏(日本電産株式会社 代表取締役会長兼社長) との基本合意に関するお知らせ

更新日:2017年3月30日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

学校法人京都学園(理事長 田辺親男)と永守重信氏(日本電産株式会社 代表取締役会長兼社長)は、平成30年(2018年)3月以降、永守重信氏を理事長に迎え、平成32年(2020年)4月に京都学園大学(京都市右京区、学長・篠原総一)に工学部および大学院工学研究科を開設する構想について基本合意いたしました。この基本合意の概要についてお知らせします。(基本合意の詳細については「基本合意書」参照)

gaikan-950px

1.構想の内容

グローバル化社会と駆動技術分野に対応した先端的な工学部および大学院工学研究科の設置

入学定員

工学部 最大200名(目標)※留学生 半数程度(予定)
工学研究科 最大100名(目標)

開設時期

平成32(2020)年4月

校舎建設

平成30年度~平成31年度

開設場所

京都学園大学 京都太秦キャンパス(京都市右京区山ノ内五反田町18番地)

※設置構想の内容は予定であり変更する場合があります。

2.合意に至った経緯

本学園は、平成31(2019)年度の大学創立50周年を迎えるにあたり、京都学園大学 京都太秦キャンパス南側の敷地に新たな学部として将来性のある工学部の開設を構想していました。そうした中、本学園理事長の田辺がかねてから親交のあった永守氏にこの構想について相談し、話し合いを進める中で、永守氏の人生の夢である工科大学を設立するという将来構想と本学園の構想が合致し、今回の基本合意に至りました。

3.今後について

京都学園大学の5つ目の学部となる工学部には、日本はもとより、東南アジアを含め世界各国から優秀な留学生を受け入れることも予定しています。また、工学部開設と同時に、校名変更も視野に入れ、本学園の建学の精神は受け継ぎながら、既設学部の充実も図り、実学教育を更に進化させ、新たな教育方針の下で、次世代を担う人材の育成にも努めていただけるものと確信しています。
永守氏に本学園を託することにより、その柔軟かつ大胆な発想により、本学の改革が進められ、日本だけでなく、世界の大学ランキングにも入るような「世界に伍する大学」として、京都学園大学が飛躍するものと確信しております。

本件に関するお問い合わせ先 京都学園大学  広報課長 高橋好美

〒615-8577 京都市右京区山ノ内五反田町18
e-Mail:kouhou@kyotogakuen.ac.jp
電 話: 075-406-9122(直通)