京都学園大学

京都学園大学

Faculty member教員

内山 隆夫Takao Uchiyama

学部・学科
経済経営学部 経済学科 
職名
特別教授
学位 経済学博士(神戸大学)
所属学会 日本経済政策学会、経済社会学会、List Gesellschaft、Verein für Socialpolitik
専門分野 経済政策
略歴 1979年に同志社大学大学院経済学研究科博士後期課程を単位修得により退学後、久留米大学講師、助教授、教授を経て、1991年より京都学園大学経済学部教授。
1985年から1986年、アレクサンダー・フォン・フンボルト財団奨学研究員(ドイツ・マールブルク大学)。
担当科目 経済政策A・B、世界経済入門、日本経済入門、京の企業A・B
研究内容・研究分野・業績 EUの経済社会政策。今年のテーマは、若年労働市場問題と青少年政策、フレキシキュリティ政策。
『オーストリアの経済社会と政策形成』(単著)、『福祉国家の転換と福祉社会の展望』(共著)、『経済政策講義』(共著)、
『多元社会の構造と病理』(共著)、『マクロ経済学の基本』(共著)他。

メッセージ

私たちは「豊かな生活」を送りたいと思いつつも、経済社会の制度や構造に、さらには生活環境の変化に原因する諸問題のためにその実現がしばしば損なわれます。そしてその多くは、個人的な努力では解決できない経済的社会的な問題です。これら諸問題の解決を図る政府の活動が経済政策です。しかし、効果的な政策の立案のためには、その時々の経済社会の動きを適切に理解することが不可欠です。経済政策の学びを通じて時代の変化を見抜く眼を養いましょう!