京都学園大学

京都学園大学

Faculty member教員

吉中 康子Yasuko Yoshinaka

学部・学科
経済経営学部 経営学科 
職名
教授
学位 修士(京都府立医科大学大学院保健看護学研究科)
所属学会 日本体育学会・日本体操学会・日本スポーツマネジメント学会・日本老年社会科学会・日本老年医学会・日本公衆衛生学会・日本スポーツとジェンダー学会
専門分野 応用健康科学、スポーツ経営学、体育方法学
略歴 昭和50年 京都教育大学教育学部特修体育学科卒業
昭和51年 京都教育大学教育専攻科保健体育学修了
平成22年 京都府立医科大学医学部大学院修了 保健看護修士
昭和49年4月~昭和58年3月  国立京都教育大学付属中学校・大阪府立高等学校、国立看護助産学校、夙川短期大学で非常勤講師など兼任
昭和58年4月 京都文化短期大学講師として奉職、昭和63年4月に同助教授就任
平成11年4月 京都学園大学人間文化学部の開設(亀岡市)に伴い同助教授、平成15年4月に同教授に就任
平成20年4月 京都学園大学経営学部事業構想学科スポーツマネジメントコース教授
平成23年4月 京都府立医科大学客員教授(平成26年3月まで)
平成27年4月  京都学園大学経済経営学部経営学科教授
担当科目 健康スポーツ理論、ヘルスプロモーション、スポーツ活動研究、スポーツ実技、スタートアップゼミA・B、キャリアゼミ、研究ゼミナールⅠ・Ⅱ
研究内容・研究分野・業績 私は実践派の研究者です。新しい法律、新しい助成制度を利用し、新しい社会的課題をどのように解決できるか?研究の分野は健康。若者に関心が少ないこの分野をライフワークとするために、若者が直面しているさまざまな課題解決のためにマイナースポーツの組織運営などの国際的な組織研究と実践活動をしています。
学生と積極的に地域に飛び出し、『京都体操祭』、『かめおか体操祭』や『かめおかWAKUWAKUフェスティバル』などのイベントを企画、地域ネットワークづくりと異世代交流をしています。さまざまな年齢、職業の人々と出逢い、イベントを企画・運営できる場を創出し、子ども・高齢者に笑顔を届け、その効果を研究します。
また、中・高齢者の生活習慣病の予防など心身の健全な管理を通して生活習慣病を予防する応用健康科学の分野の研究にも取組んでおり、NPO法人元気アップAGEプロジェクトを立ち上げ、非営利ビジネスの研究をスタートしました。
ウェブサイト http://yosinakayasuko.jimdo.com/

メッセージ

私は経営学部で①スポーツマネジメントという領域で専門の授業を持っています。高校生の皆さんはスポーツというと体育の授業やクラブ活動しかイメージできないと思いますが、スポーツの歴史はそれ自体が世界史よりも面白く、また国際交流のツールともなります。
なにか1つ得意なスポーツがあれば、世界中の人と交流できます。今日の社会はグローバルな課題を解決する能力も求められるようになっていますので、スポーツはコミュニケーションツールとして最も有効なコンテンツです。
今私が興味を持っているクリケットやローンボウルズなどは、マイナー競技なので、大学から始めても、日本代表をめざせます。
今までの自分をリセット!大学の4年間で蛹から蝶に変身してください。4年間の努力は4倍速であなたの力量を向上させてくれます。