京都学園大学

京都学園大学

Department経営学科

経営学科 [太秦]

更新日:2016年5月23日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

京都発。世界で活躍できるビジネスパーソンへ。

economics02

多彩な実践型プログラムに参加し、
可能性を大きく伸ばしてください。

本学科の魅力は、経営学を実践的に学べる環境があること。ビジネス・プランニング・コンテストや女性企業家講座、また国内外の企業でインターンシップに取り組むAIPやGIPといったプログラムを設けています。入江さんは学生たちが運営するチャレンジショップ京學堂の取り組みに参加し、3回生からはリーダーを経験するなどして大きく成長しました。問題に直面して悩むこともたくさんあると思いますが、それらの経験は社会で必ず役立つもの。みなさんも4年間で多彩な活動に参加し、自分自身の価値を高めてほしいと思います。

経済経営学部 経営学科 安達 房子准教授

京學堂でショップマネージャーを経験。
リーダーシップの本質を学びました。

暮らしを華やかに彩る雑貨店の経営に憧れ、ビジネスのノウハウを学ぶためにチャレンジショップ京學堂のプロジェクトに1回生から参加しました。3回生でリーダーを務めたときは、「リーダーシップ論」で学んだ行動理論を実践に応用。売上目標の達成と働きがいのある環境の両立をめざして実践しながら学びました。そこでビジネスの醍醐味を体感し、人の暮らしを支える仕事として不動産会社への就職を決意。笑顔の素敵な安達先生をはじめ先生方の支えのもと、貴重な経験を積むことができた4年間に満足しています。

経営学部 事業構想学科 2016年卒
入江 麻央さん 京都府立亀岡高等学校出身

学科の特色

  1. ビジネスの面白さを体験しながら、経営の知識を身につける。
  2. ビジネスリーダーになる。会社を作る。親の会社を継ぐ。
  3. 会計のエキスパートになる。税理士や公認会計士など専門職への道も。
  4. スポーツをビジネスに、プロチームスタッフやショップスタッフへの道も。

こんな人におすすめ・選べる3コース

企業の経営戦略について学びたい

経営戦略コース

▼得られる知識・能力

  • 組織の管理手法や経営を左右する情報の活用方法が理解できる。
  • マーケティングの戦略を立てて実践するための思考力が身につく。
進路イメージ

幅広い業種で通用するマーケティングの知識を生かし、企業の営業部門や経営企画部門などに。

会計に関する資格を取りたい

会計コース

▼得られる知識・能力

  • 財務諸表(貸借対照表、損益計算書など)の情報を読みとれるようになる。
  • 組織における資金の調達・管理に必要な知識が身につく。
進路イメージ

会計の実践力を生かし、企業の経理部門などで活躍。税理士や公認会計士など専門職への道も。

ベンチャービジネスに興味がある

起業・事業承継コース

▼得られる知識・能力

  • 起業や組織の経営に必要な知識が身につく。
  • ビジネスプラン(事業計画)の考案などを通して発想力を磨ける。
進路イメージ

自分のアイデアを具体的な形にし、店舗経営や起業に挑戦。卒業生には家業を継いだ人も多数。

授業Pick up

京都のビジネス
経済経営学部 経営学科 小野里 光広教授

伝統と革新。
京都企業の本質に迫ります。

京都は、観光などのサービス産業だけでなく、中小・中堅企業を中心にした「ものづくり産業」の盛んな地域です。この講義では、京都経済界の各分野における企業経営者の方などをゲストスピーカーとして招き、京都のビジネスの特徴と魅力について学んでいきます。1回生が主に履修し、ビジネスシーンへの理解を深めながら、企業がさまざまな状況の中で、どのように問題を解決しようとしているのかも把握します。各専門科目への架け橋となると同時に、自発的な行動のための気づきを得る機会にもなっている科目です。

Topics

実際の店舗運営でマネジメントを学ぶ。
(チャレンジショップ京學堂)

学部主催の「ビジネス・プランニング・コンテスト」で選ばれた学生のアイデアをもとに誕生した、学生が主体となって運営するショップです。2015年に京都太秦キャンパス内に移転し、京都のメインストリートの1つである御池通に面した場所で営業しています。学生が商品開発・仕入・販売などの店舗マネジメントを実際に担当し、現在は多くのオリジナル商品を含むお菓子や雑貨などを扱っています。
文部科学省の「大学教育・学生支援推進事業(学生支援推進プログラム)」に採択され、優秀校に選ばれた、全国的にもユニークな取り組みです。

「女性企業家講座」で起業や経営が身近に。

経営学科では、ビジネスの第一線で活躍する女性企業家をゲストスピーカーに招き、起業のプロセスや会社経営で直面した問題などを話していただく講座を定期的に開講しています。日本の成長戦略の柱としても女性の社会進出の重要性が増しているなか、女子学生はもちろん、男子学生にとっても必見のプログラムです。

資格・就職

目標とする資格 *国家資格

  • 税理士*
  • FP(ファイナンシャル・プランニング)技能士(3級)
  • コンピュータ会計能力検定(2級)
  • 日商簿記検定(2級)
  • 販売士検定(2級)
  • 宅地建物取引士*
  • 総合旅行業務取扱管理者*
  • 秘書技能検定(2級)
  • 実用英語技能検定(1級)
  • TOEIC®(800以上)
  • TOEFL® iBT(90以上)
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

卒業後の進路

  • 金融・保険業(銀行、証券会社、保険会社など)
  • サービス業(ホテル、旅行業界、鉄道、プロスポーツなど)
  • 情報通信業(IT業界、通信会社、放送局、マスコミ、広告など)
  • 卸売・小売業(商社、百貨店、スポーツ用品など)
  • 製造業(食品、医薬品、電機、精密機器、化学など)
  • 公務員(国家公務員、地方自治体職員、警察官、消防官など)

Newsお知らせ

現在の経営学部のニュースはこちら

卒業後の進路

ビジネスパーソン、起業家、事業後継者などいろいろな分野で活躍できます。

卒業生の進路

経営学科の教育目的

経営学を中心に経済学・法学分野の科目も配し、ビジネスパーソンとして必要な幅広い教養と実体験重視の学修を通じて、社会人として自立できる人材の育成を目的とする。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

所定の単位を修めた次のような学生に卒業を認定し、学位を授与する。

  1. 教養教育、キャリア教育及び経営学教育の学修を通じて自らのキャリアデザインを描き、社会人として自立して主体的に行動することができる。
  2. 教養科目及び専門科目の学修を通じて、理論と実践を融合させ、複眼的な視野で物事を的確に判断することができる。
  3. 経営学分野の専門的知見に基づいて積極的に企業活動や組織活動などに参画することができる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

本学科の教育目的を達成するために、次の方針に沿って教育課程を編成する。

  1. ビジネスパーソンとして必要な幅広い教養を修得させ、実学と実体験重視の教育課程を通じて、社会人として自立できる能力を育成する。
  2. 経営学分野の専門基礎科目を中心に、経済学及び法学分野の科目履修を通じて経営組織の実態を理論と実践という2つの側面から学習させ、諸問題に対する解決策を提案できる能力を育成する。
  3. 将来の進路と密接に関連したコース科目とゼミを中心に、経営学分野の専門科目の体系的学習とその実践を通じて、実際の課題解決に活用できる力を育成する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

旺盛な向学心を持ち、かつ次のような資質を有する学生を求める。

  1. 経営学の知識の修得と実践という本学科の教育目的を理解している。
  2. 現代の企業活動や店舗経営、企業の財務や経理、事業承継などに関心を持っている。
  3. 多面的に物事を観察し、経営学分野の専門的な知識とショップ運営などの経験に基づいて考察する能力の修得を目指している。